忍者ブログ

眠れない日は好きなことをしよう

自分用メモを兼ねたなにか。

来年引っ越しするにあたり

そういえば来年引っ越しからの結婚と相成ったわけですが、ふと疑問に思ったことがあるわけです。

引っ越しからの結婚ってことは、家具家電1から揃えないとだめじゃない?
あと手続きとかも色々いるよね? なにをしなければならないの?

備忘録も兼ねて、ちょっと調べてまとめてみることにしました。
詳しい内容は長くなったので続きからに畳んであります。

ちなみにどのくらい貯金しておけば安全かの結論だけこちらに書くと、

家電……18万5000円
お風呂用品と調理器具……8万5000円
寝具(マットを除く)……8万1000円
引っ越し代・家賃契約初期費用……42万円

合計……77万1000円

カーテンとか寝具のマット代を含めたらもうちょっと行きそうですが、概ねこのくらいなんですね。






→そもそも自分が今どんな生活スタイルをしているのか。
 引っ越したところで劇的に全部ひっくり返るようなことはないんですよ。今までの生活を一緒に過ごす相手が追加されるくらいで。
 じゃあ必要なものは自分がよく使うものを洗い出せば良いわけです。
 となると私の場合は、ネット環境は必須。寝具はちゃんとしたベッドじゃないともう生きていけない。ご飯は自力で作らないと食物アレルギーがあるので、調理器具もいる。
 一番お金がかかっているのは本なので、できたら本をいい感じに収納できるようにしたい。

 じゃあこれを踏まえて、必要な家具家電を洗い出しましょう。

1.冷蔵庫
2.オーブンレンジ(ケーキとか凝ったものを作るわけじゃないなら電子レンジで良さげ)
3.トースター
4.炊飯器(ないと困る)
5.ドラム式洗濯機(お高いけど便利さを知ってしまったらもう戻れなかった)
6.扇風機・ヒーター(エアコンで代用可能な気がする)
7.掃除用具(フローリングの家ならクイックルワイパーだけでも良いような気がする)
8.食洗機(とても悩んでいる。どのくらい便利なのか知りたい……)

アイロン、テレビはあれば使うくらいで、必須かというとちょっと悩みますね。あ、でも大きい画面でゲームしたいからモニターはほしいかも……。
あとはティファールとかの湯沸かしかな。

 次に、これらを揃えるためにどのくらいの予算があれば良いのか、軽く調べてみます。
 〇〇(調べたい家電の名前) 平均価格
 で調べたところ、時期によっては一人暮らしセットっていうお得な家電セット販売をしているみたいですね。
 それだと冷蔵庫洗濯機電子レンジなどなどがセットで7~8万ほどのようです。
 しかしいざ買いに行くときにお得セットが都合よくあるとは限らないので、単体価格で見ていきます。

1.冷蔵庫 2万~4万円
ポイントは、価格・容量・サイズ・省エネらしいです。
実家暮らしをしていて感じたのは、冷蔵庫は容量がある程度あると作り置きでしのげるので、特に冷凍庫あたりは広めだと良いんですよね。
とりあえず3万くらいで考えましょう。

2.オーブンレンジ 7000~3万円
子供の頃からクッキーとかケーキとか焼いてみたかったんですよ。
で、今の実家にはオーブンレンジがあるわけです。父が料理大好きマンなので。
とても……楽しい……! ケーキ作り超楽しい……!
他にもタンドリーチキンやらローストポークやら、父が作ってるのを見てなんとなく作り方を理解したものも、これがあれば作れるんですよ!!
作らないなら電子レンジでも良いんですけどね、ケーキ作れるという大きな魅力が私にオーブンレンジを買えと囁いてる。
調べてみたところ、アイリスオーヤマのリクック熱風オーブンだと、なんととんかつとか熱風で調理できるフライヤー機能が付いててお値段1万5千円。
パナソニックのオーブンレンジエレックは3万ほどしますけども、ノンフライメニューを筆頭に、パスタや煮物まで作れる優れもののようです。
パンも作れるとか、ロマンが広がりますね。これだからオーブンレンジを見るのはやめられねえ。とまらねえ。
買うならパナソニックのほうかなあ……となると3万で考えましょう。

3.トースター 1000~5000円
ぶっちゃけると、オーブンレンジの種類によっては、オーブンレンジ本体にトースター機能がついてるものも最近はあるようなので、考えるのが面倒であればオーブンレンジでトーストできるものを探すのが早いと思います。
が、頻繁にパンを焼くのであれば、トースターのほうが早いんですよね。そこは好き好きなんだなと調べて思いました。
とりあえず買うかもしれないということで、5000円と見ておきましょう。

4.炊飯器 2~3万円
5合炊きが良いんじゃないか、と話し合いで決めました。
朝4合炊いて、午前と午後でいい感じに食べたいよね、とのこと。
ちなみに炊飯器の値段は、機能・窯・容量で決まるそうです。
であれば容量→機能→窯、という優先順位がこれできまったので、あとは値段ですね。
じゃあとりあえず3万で考えておきましょう。

5.洗濯機 10万~25万円
ドラム式洗濯機がね、便利すぎてね、もう戻れないの。
乾燥機能がね、便利すぎてね、もう戻れないの。
電気代がその分かさむ? いや便利さには勝てないの。
これは父にプレゼントしてもらいます。しろ。
ということで値段は加味しません。

6.扇風機・ヒーター(エアコン)3万~5万円
扇風機は実家から強奪するので加味しません。
ヒーターも正直、電気毛布がありますし(3000円ほどで買いました)、お布団に引きこもって作業すればいいので、まあいいかなと。
じゃあ必要なの何かって言ったらそうですね、エアコンですね。
お掃除機能は正直いらないので、浮いた分はエアコン設置工事費用に回したいですね。ちなみにエアコン設置工事費用は1万~2万ほどだそうです。
とりあえずとんでもなくかかった場合を想定して工事費用込みで7万としましょう。

7.掃除用具 (掃除機1万8000~4万円 
畳がある家なら掃除機があると便利ですね。フィルター掃除にも便利ですし。
フローリングオンリーならクイックルワイパーと小箒(細かいとこ用)で事足りるなあと。(ちなみにクイックルワイパー本体は約3000円、シートは業務用かそうでないかで値段が変わる)
こればっかりはどんな部屋に住むかによりますね。とりあえず上限2万で予算組んでおきましょう。


8.食洗機 3万6000~10万円
冷静に考えたんですよ。
2人分の食器と使用した調理器具くらいなら、平均30分で洗えるんですよ。
で、結婚した後なら幸い理解のある相手なのでお手伝いしてくれるんですよ。つまり、家族が増えないならいらないのでは……?
でも実際どうなんでしょうね。疲れてるときとかは放り込んでおけば良いイメージあるけど。使い方とか排水周りどうやってるのかよくわからないしなあ。
これは予算くまなくても良いかな……。


であれば、概ね18万5000円で考えておけばいいってことですね。
では次行きましょう。


→周辺機器みたいなもん
メインの家電は洗い出せたので、それに付随する、あるいはないと困るものを洗い出しましょう。

◆お風呂場周り
ドラム式洗濯機

洗濯カゴ(タオル・下着入れ) 5000円~
→これは家具屋さんでいい感じのデザインの棚を買ってもいいですね。
大きめのタオル(10枚くらい) 2000円~
→必需品ですよね。
小さめのハンドタオルみたいなやつ(10枚くらい)2000円~
→ちょっとしたものを拭くのに便利なんですよこれ。
洗濯バサミ 800円~
→ハンガーに洗濯物を固定したい。
シャンプー・リンス・ボディーソープのボトル ~2000円
→安くておしゃれなのを3つ買いたい
洗面器と椅子 2500円~
→別の用途にも使える
ハイター・オキシドールなど洗剤類
→必要に応じて追加で買えばいいか。


◆キッチン
冷蔵庫・炊飯器・オーブンレンジ・トースター

フードプロセッサー(据え置き型) 2万円~
→めっっっっちゃほしい。
包丁 4000~1万円(果物包丁 2000~5000円)
→果物包丁と普通の包丁ほしい。
まな板 700~5000円
→生物をプラスチック製、野菜類を木製で……とか考えてたけど、それならプラスチック製2個でいいんだよな。
鍋 (フルセットだと1万以上)
→大と小がそれぞれ一つづつあればいい。
フライパン 1000円前後
→消耗品なので700~1000円くらいでいいです。
ボウル 800~1500円
→ザルはあるのでとりあえずボウルが中小あればいいかな。
トング 100~800円
→生肉ひっつかんだり焼いたものひっつかむのに2つ欲しい。
 正直きちんと掴めればいいので、100均製でもいいかもしれない。
ピーラー(セラミック製 800~1000円)・スライサー(1000~3000円)・おろし金(1500~2500円)
→この辺はちゃんとしたものがほしいですね。これは100均のプラスチック製とか言語道断。
スライサーは刃幅80mm以上だと使いやすいらしいです。
おたま・フライ返し (500~2000円)
→これをなくして煮物と炒め物とかできるんでしょうか。
ちなみに安物を使うとおたまはカレー色に染まり、フライ返しは溶けた、と報告してきた知り合いがいました。怖いですね。
ゴムベラ・ケーキ型 (1000~2000円)
→えへへ……ほしいの。
計量カップ (1000~1500円)
→必要。厳密にやらないなら安物でも良い。
カレー・シチューをよそう用の皿(500~1500円)
→他の食器は実家からもらった。
カトラリー (5000円~)
→箸置き以外、ナイフ・フォーク(大小)・スプーン(大小)・箸が全てない。

概ね8万5000円~


◆寝室周り
ベッド
→枠(ダブルのフレーム)5万~
→マット(候補
父のお高いとても良いベッドマットを使わせていただいているのですが、結論から言うと金をかけるべきはこれ。10万以上はかけていい。
→夏冬用の掛け布団(オールシーズン掛け布団)6000~9000円
寝相が死ぬほど悪いので、本当は1人用を2つにしたほうが良いようなきがするのですが、結婚相手が勇者思考なので1つにします。
→枕
→敷きパッド (1000~2000円)
→シーツ×2 (5000円~)
→毛布
ニトリのやつが気になっています。価格は5000~1万円

マットを除くと8万1000円くらいでしょうか。

布団乾燥機
あっても良い。なくても良い。あると幸せな気持ちになれることがある。
→空気清浄機
→扇風機
→遮光カーテン


一部実家から持っていくので、合計で35万円くらいでしょうか。
余裕を持って貯金するなら40万と見ておくべきですかね。

しゃもじとかゲーム用の良いモニターとか食器洗い洗剤スポンジとか細々したのはまあ……今思い出したけど別に良いか。


◆引っ越し代・家賃契約の初期費用
敷金(家賃一ヶ月分)
礼金(〃)
共益費・管理費 先払い(一ヶ月+日割り)
仲介手数料(家賃一ヶ月分)
火災保険(約2万)
鍵交換(約1.5万)
引っ越し費用(4~8万)


……グーグル先生曰く

引越しにかかる初期費用の一般的な相場は家賃6ヶ月分程度と言われています。 例えば家賃7万円の物件へ引っ越しする場合には、42万円程度が支払う総額費用の目安となります。

とのことなので、それくらいを目安に貯金しておきましょうか。


こうして調べてみると、親元から自立して生活するのって、結構費用がかかるものですね。

そこからさらに一歩進んで、実家暮らしでは意識してこなかった生活費についても調べてみました。
細分化まではしてませんが、概ねこういうものに費用がかかるのではないでしょうか。

1.食費
2.光熱費(ガス、水道、電気)
3.家賃(共益費5%)
4.通信費(主に携帯、ネット代を指す)
5.税金、保険料(住民税、所得税、国民健康保険、年金、介護保険料(※40歳以上の場合)など)
6.遊興費
7.医療費
8.交通費
9.生活用品

生きていく上で必要ではあるのですが、こうして出してみると色んなものにお金が使われているものですね。

そういえば貸賃契約するにあたって、
1.収入証明書(源泉徴収書)
2.職場への在籍確認(しない場合もある)
3.連帯保証人(世帯が別で生計を立ててる人が望ましい)
4.保証人の人の直筆署名、割り印、印鑑証明

が、いるわけですが、必要書類費用が追加でかかりますね。まあ微々たるものですが。

ちなみに余談ですが、一人暮らしをする場合の生活費の平均は14~16万円だそうです。
最近某SNSで、一人暮らしは贅沢だ、二人で暮らすほうが生きていく分には楽、とよく言われているのですが、なるほど、生活費の平均額を見たらたしかにそうだなと納得しました。

お金のことを調べるのは時間がかかりますが、その引き換えに安心と目標目的が手に入るので、結構勉強になって良いですね。

うーむ、明日も生きんぞ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
Gran foret
性別:
非公開
自己紹介:

フリーエリア

◆遊んでいるブラウザゲーム

ニコッとタウン
楽園生活ひつじ村
艦これ 刀剣乱舞

◆メモ
自分用ゲ製マニュアル(仮)
twinnyaaan