忍者ブログ

眠れない日は好きなことをしよう

自分用メモを兼ねたなにか。

編み物

無題

今日ようやくセーターが漸く脇閉じに入り、脇閉じを終えたらいよいよ襟を編んで終わりという段階に入りました。
0から習い始めて約半年。マフラーや帽子も自主的に作れるようになり、自分にできることが増えるというのはとても嬉しい気持ちになれますね。
なおこのセーター、袖四回ほど最初から編み直したり、ゴム編み失敗して二回やり直したり、そもそも編み方間違えて一からやり直したりと、色々失敗を経験しました。まだまだ完璧には程遠いです。でも失敗は成功の元。

無題 

棒編みはそんな感じで、この一か月は鍵編みの方にも力を入れていました。
とある動画を参考にして人形を二体作ったのですが、鍵編みも鍵編みで楽しいですね。
特に頭の部分とか作っててとても楽しかったです。見る見るうちにボール状のものができるんですよ。自分がやっていることが形になるのって、こんなに面白いのかと。
思わず、その編みぐるみを作った際に出た糸くずとかが勿体ないのもあって、紫色の毛糸でボール編んじゃいました。
しかしながらこちらの紫ボール、減らしのやりかたを失敗したらしく、ドラクエのスライムみたいな形なんですよね。
深夜テンションで編んでいたからか、「そうだこれ紫玉ねぎにしよう」と思い立ち、「玉ねぎには根っこがないとダメだよね!」となり、その結果

無題

とてもカラフルで斬新な根っこができました。
我ながら先進的でちょっと正気を疑うものが完成したなと胸を張っています。
まあさすがにこれを鞄につけて……ということはせず、飼い猫のおもちゃにと飼い猫に与えてみました。
あまりに時代の先を行き過ぎたビジュアルだからなのか、最初、なでなでしてもらって嬉しそうにしていた顔から表情が消え、気が付くとそこには無がありました。
根っこ辺りでじゃれてくれないかな? と目の前で振ってみるもじゃれつく様子はなく、むしろ目をそらす。なぜだ。
ひと齧りどうだい? とお口元にうりうりしてみるも反応せず。むしろ避けていく。なぜだ。
仕方ないので寝ているときにそっと「お友達だよ……」とお腹の側に置いてあげました。
数時間後、起きた直後にこの紫玉ねぎを見たぬこさまは、懐に招き入れ両手で押さえつけながら齧りつつ両足で蹴り上げました。
仲良くなってくれて嬉しい……そう思ったのもつかの間。現在紫玉ねぎ君には見向きもしてくれません。なぜだ。
仕方ないので今度誰か知り合いにでもあげようと思います。断られる気しかしない。
PR

コメント

プロフィール

HN:
Gran foret
性別:
非公開

フリーエリア



楽園生活ひつじ村